suma-Tのブログ

投資・資産運用関連の記事を書いています。たまに雑記も

iDeCo(イデコ)

今回はiDeCoについて書いていきます。

60歳まで毎月掛け金を出して金融商品(投資信託など)を選んで運用し、60歳以降に受け取るものである。

60歳までに個人で老後の年金として資産を運用して蓄えるものと考えたらシンプルで分かりやすいかな?

 

iDeCoは60歳になるまで途中で掛け金を引き出すということが出来ない。そしてやめられない。口座管理料(数百円程度)

いきなりデメリットを書いてしまいましたが、資産運用なのに途中で動かせないのはどうかと思うんですけど・・・

毎月口座管理料がかかるが気にするほどでもないかな

 

・人によって月々の拠出限度額が違う

自営業や学生は月額6.8万円まで

専業主婦等は月額2.3万円まで

サラリーマンは企業型確定拠出年金に加入しているかどうか、会社によって違うのでこれは金融機関で詳しく聞いたほうがいいが1.2~2.3万円

公務員や共済加入者は1.2万円まで

 

・掛け金が全額所得控除

これは年末調整で保険や個人年金をやっている方はわかると思うが、年間の掛け金を申請することで税金が控除されるのである。

 

・運用時、分配金などの運用利益は非課税

これはNISAと同じですね。

 

・受け取り時も条件付きだが非課税

30年間積み立てて一時金受け取りの場合他の退職所得と合算して1500万円まで

 

60歳から年金受け取りの場合公的年金と合算して70万円までが非課税になっている

 

・月々5000円からできる

5000円だったらそんなに負担はないかな?

 

ちなみに、最初のほうに掛け金は引き出せないと書いたが、例えば支払いがキツイなぁと思ったら支払いを一時的に止めることはでき、再開もできる。

止めている間も資産運用はしてくれますが月々の口座管理料はかかります。

ただ、支払いをやめると税金の控除が受けられなくなる場合がある。せっかくのメリットなのでもったいない。

 

 

iDeCoの最大のメリットは税金の控除が受けられることですかね、NISAは控除がないので。

iDeCoの最大のデメリットは途中辞めができない&掛け金の引き出しができないこと、NISAはやめることも引き出すこともできるので。

あと気になるのは、もし60歳になる前に亡くなってしまったらどうなるのか?

これは遺族が全額もらえるようになっています。

また重い障害が残ってしまった場合でも、60歳迎える前に貰うことが可能となっています。

60歳迎えてすぐになくなった場合も同様に貰えます。

 

以上iDeCoについて簡単に書いてみました。

 

人によっていろいろ考えがあると思いますが、もし興味があるようでしたら各金融機関へ相談するのがいいと思います。