suma-Tのブログ

主に仕事・投資・資産運用関連の記事を書いています。たまに雑記も

ポイント活動

投資、資産運用をやっている僕ですがそのほかにも実はポイント活動、略してポイ活をやっています。

ネットでよく見かけるのはキューモニターやマクロミルといったアンケートに答えてポイントを貯めるもの、ポイントタウンやモッピーなどのクレジットカードを作ったり銀行口座の開設、ネットショッピングをサイトを経由してやったりしてポイントを貯めるといったものですが、最近はレシートを撮影するだけでポイントが貰えるというアプリがある。

 

・CODE

一つ目に紹介するのがCODEというアプリ。

先にレシートを撮影するだけと書きましたが、このアプリはレシートと購入した商品のバーコードを撮ります。

同じ商品を2つ購入した場合は1つだけ読み込んでくれる。

最初にレシートを撮影し、

・店舗連絡先

・日時

・合計金額

この3つが読み込まれる。

その後、カメラに商品のバーコードを読み込んで終了。

すると商品の数だけ卵の絵が出てきてそれをタップして割っていく。

するとコインかポイントが出てくる(ランダム)

コインを一定数貯めるとポイントへ変える為の抽選の応募や電化製品などの商品に応募することが出来る。

 

ポイントの方はWAONやPeX、Amazonギフト券へ交換することが可能となっています。交換手数料は無料。

 

・ONE

二つ目に紹介するのがONEというアプリ。

このアプリはレシートだけあればOK!

レシートを撮影して送信するだけ。

CODEと違いONEは電気の検針票、バイクの自賠責保険証券、引越しの見積書などもOKで価格も高め。

1日に送信出来る枚数は5枚までです。

 

デメリットは

、銀行へ出金するときに手数料として200円引かれる。

手数料が高いので出来るだけポイントを貯めて銀行へ出金したほうがいい。

 

ゴミにしかならなかったレシートがお金に変わる

ということで、僕の場合CODEで2~3ヵ月に1回ポイント交換をしており、1回400ポイントなので、年間1600~2400円程稼ぐ計算ですね。

本業で忙しい人でも撮影するだけでお金稼ぎになりますので興味のある方は検索してみてください。