suma-Tのブログ

投資・資産運用関連の記事を書いています。たまに雑記も

積み立てNISA延長について

積み立てNISAの延長の話が出ましたね。

 

2018年から始まった積み立てNISA。

 

今までだと、2018年から始めたとすると2037年までの20年間が非課税での(800万円)運用することが出来ましたが、2028年から始めたとすると2037年までの10年間が非課税での(400万円)運用となってしまいます。

 

問題だったのはいつ始めても2037年までが非課税の運用だということ。

(2018年から始めた人の場合は最長20年の運用期間)

 

これだと積み立てNISAは20歳から出来るので、2028年に20歳になる人は10年しか非課税枠の運用しか出来ないということになります。

 

以前積み立てNISAについて書いた中でデメリットというほどデメリットはないと書いていましたが

開始が遅くなれば遅くなるほど非課税枠(2037年まで)が短くなっていくということになります。

遅くなればなるほどデメリットの面が大きくなるじゃん・・・

 

ちなみにこの非課税枠(2037年)が過ぎた後はどうなるかというと、NISA口座から一般口座か特定口座に投資信託が移管されることになります。

例えば、非課税枠の中で90万円運用してたものが100万円になって非課税枠が終了して一般もしくは特定口座に移管されたとします。

非課税枠で10万円増えたので税金はかかりません。

しかし非課税枠で100万円が90万円になってしまい、一般もしくは特定口座に移管されたとします。その後、元の100万円に戻ったとすると、90万円から+10万円なので、この10万円には税金がかかることとなります。

 

投資、積み立てNISAは時間をかければかけるほど、プラスになる可能性があると言われています。

今の積み立てNISAの制度だと、早くから積み立てNISAを始めた人はいいが、これから成人する方にとっては非常に不利な状態なのです。

 

 そこで国は、2037年までが非課税運用期間だったものを、

2037年まで積み立てNISA開始可能で、始めた年から20年間を非課税運用期間とする

ことにしたようです。

これ地味に重要なことだわ。

 

だから2037年に始めた場合、今までだったら1年しか運用出来なかったものが、20年間しっかり運用できるようになったというわけですね。

そりゃそうだという内容の変更ですね。

これで焦って始める必要がなくなり、お好きなタイミングで始められるようになりましたので、資産運用に興味があれば少額で出来る投資なので、 一度積み立てNISAを始めてみることを考えてみてはいかがでしょうか?